宮研究室へようこそ!

私達の研究室では、ゴムのような大変形と形状回復特性、及びプラスチックのような高強度特性両方を併せもつ結晶性ゲルの開発に取組んでいます。これらの強靭結晶性ゲルを微粒子化・ナノファイバー化・不織布化し、肌に優しい収縮膜、感温性微細孔フィルム、果物や野菜の鮮度保持、バイオフィルタなどへの応用を検討しています。
研究室見学を随時受け付けていますので、ご興味のある方、どうぞお気軽にご連絡ください。

Welcome to Gong Laboratory!

Gong Laboratory is a new laboratory built in April 2015. Our current research interest is centered around the synthesis, 3D printing and applications of high-performance crystalline gels with multiple functionality as temperature-responsivity, shape memory, thermal energy (heat/cold) storage, etc. We are also chanlleging the synthesis and application of crystaline gel particle, crystalline gel fiber, crystalline gel nonwoven faric, thermalsensitive shrinkage film and crystalline gel micro-/nano-porous membrane.

Feel free to visit us or contact us if you are interested in our research or just our lab.

新着情報 News

Year: 2022(R4)

2022-10-07
【受賞】宮研究室博士前期課程1年の吉田晃君が、SmaSys2022において、優れた発表をされ、「Best Poster Presentation Award」を受賞しました。吉田君、おめでとうございます!
吉田君 Best Poster Presentation Award 受賞
2022-10-06
【学会発表】The 10th International Conference on Smart Systems Engineering (SmaSys) 2022,Yonezawa, October 6(Thu)-7(Fri)にて、宮研究室学部4年の高田君、博士前期課程1年の吉田君、博士前期課程2年の櫻井君がポスター発表をしました。
・10/6 PO-02 ◯Hiroto Sakurai, Jin Gong*, Fiber Creation for Polymer Gels with High Strength and Toughness Using UV-Electrospinning
・10/6 PO-13 ◯Koh Yoshida, Jin Gong*, Synthesis and Gas Permeability Characteristics of P(MMA-co-SA) Gels
・10/6 PO-19 ◯Tomoyuki Takata, Satoshi Aoki, Jin Gong*, Physical properties of CNTs-added self-healing polymer gels    SmaSyn2022参加
2022-09-17
【学会発表】令和4年度化学系学協会東北大会(岩手盛岡,岩手大学理工学部,9月17日(土)-18日(日))にて、宮がポスター2件発表をしました。
・9/17 1P084 吉田晃,◯宮瑾,Gas Permeability Properties of Crystalline Gels
・9/17 1P085 櫻井浩登,高橋剛平,◯宮瑾,Polymer Gel Fibers and Nonwovens Produced by Photoreactive Electrospinning
2022-09-05
【学会発表】北海道札幌で開催された第71回高分子討論会(2022年9月05日(月)~7日(水))において研究成果を6件発表しました。   第71回高分子討論会参加
・9/5 1Pe093 ◯近藤俊輔,宮瑾,ヌタウナギ粘液内に存在する繊維の抽出.(Poster)
・9/5 1ESC18 Kohei Takahashi, Hiroto Sakurai, ◯Jin Gong, PDMAA Polymer Gel Fibers Produced by UV-Reactive Electrospinning.(Oral)
・9/7 3I05 ◯吉田晃,宮瑾,P(MMA-co-SA)ゲルのガスバリア性評価.(Oral)
・9/7 3Pa057 ◯日向大樹,宮瑾,長鎖のアルキル側鎖が形状記憶ゲルの動作温度に与える影響.(Poster)
・9/7 3Pa071 ◯高田友幸,青木聡志,宮瑾,CNTを添加した自己修復性ゲルの物性評価.(Poster)
・9/7 3Pa077 ◯青木聡志,高田友幸,宮瑾,熱可逆性架橋をもつ自己修復ゲルの合成.(Poster)
2022-08-06
【オープンキャンパス】2年ぶりの対面でのオープンキャンパス。今年も多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。研究室の学生達も、準備と説明に一生懸命頑張りました。みんな、ありがとうございました!Opencampus2022
2022-07-27
【学会発表】国際学会The 16th Asian Textile Conference (ATC-16), Virtually, July 27(Wed)-29(Fri),2022にて、博士前期課程1年の吉田君、青木君、学部4年の高田君がポスター、宮が口頭発表をしました。
・7/27 1P03 ◯Yoshida, Jin Gong*, Gas Permeability Properties of P(MMA-co-SA) Gel
・7/28 2P03 ◯Tomoyuki Takata, Satoshi Aoki, Jin Gong*, Synthesis of CNTs-added Self-healing Polymer Gels
・7/28 2P04 ◯Satoshi Aoki, Tomoyuki Takata, Jin Gong*, Self-healable Gels with Heat-reversible Crosslinking Points
・7/28 2A02 Itsuki Hachiya, Hiroto Sakurai, ◯Jin Gong*, Crystalline Gels and Their Processing Techniques    ATC-16, オンライン国際学会
2022-06-09
【学会発表】2022繊維学会年次大会(タワーホール船堀,東京,およびオンライン開催,6月8日(水)-10日(金))にて、博士前期課程1年の吉田君がポスター発表をしました。
・6/9 2PC227 ◯吉田晃, 宮瑾, P(MMA-co-SA)ゲルのガスバリア性評価.(Poster)
2022-05-14
【論文掲載】毛さん、伊藤先生との共著論文"Structure Reconfigurable Mechanochromic Polymer with Shape Memory and Strain-Monitored Function Enabled by a Covalent Adaptable Network"を Macromoleculesに掲載されました。https:///doi/10.1021/acs.macromol.2c00529.
2022-04-07
【お知らせ】研究室メンバーを更新しました。
2022-04-01
【表彰】本学における研究教育並びに財務上の貢献についての表彰状を拝受しました。   2022表彰状
2022-03-21
【卒業式】令和3年度山形大学工学部学位記授与式。本年度は,修士2名、学部生3名が宮研究室から修了・卒業しました。おめでとうございます!   令和3年度学位記授与式
2022-03-08
【お知らせ】高分子・有機材料工学科3年生の令和3年度達成度試験が無事に終りました。宮研からは5名、出村遼太朗君、日向大樹君、高田友幸君、川西悠太君、藤本有哉君が発表しました。お疲れさまでした!
2022-02-18
【受賞】宮研究室学部4年の青木聡志君が、山形大学工学部高分子・有機材料工学科の令和3年度卒業研究発表会において、優れた発表をされ、「ベストプレゼンテーション賞」を受賞しました。青木君、おめでとうございます!
青木君 ベストプレゼンテーション賞 受賞1   青木君 ベストプレゼンテーション賞 受賞2
2022-02-18
【お知らせ】ACS Applied Polymer Materialsに掲載された、東北大学工学研究科の朱先生、三ツ石先生との共著論文"Robust, Reusable, and Antioxidative Supramolecular Adhesive to Inorganic Surfaces Based on Water-Stimulated Hydrogen Bonding"が東北大学でプレスリリースされました。
2022-02-16
【卒論修論発表】高分子・有機材料工学科 令和3年度 卒業研究発表会が無事に終わりました。宮研からは、近藤俊輔君、青木聡志君、吉田晃君の3名が発表をしました。お疲れ様でした。
2022-02-16
【卒論修論発表】機械システム工学専攻 2022年3月修了 修士論文会が無事に終わりました。宮研からは、高橋剛平君、荒和洋君の2名が発表をしました。お疲れ様でした。
2022-02-15
【論文掲載】東北大学工学研究科の朱先生、三ツ石先生との共著論文"Robust, Reusable, and Antioxidative Supramolecular Adhesive to Inorganic Surfaces Based on Water-Stimulated Hydrogen Bonding"を ACS Applied Polymer Materialsに掲載されました。https://doi.org/10.1021/acsapm.1c01353.
2022-01-05
【論文掲載】鄭州大学Peng Fu先生、蘭州大学Zengjie Fan先生、University of ConnecticutのLuyi Sun先生との共著Reviewer論文"4D printing of polymers: Techniques, materials, and prospects"を Progress in Polymer Science (IF 29.90)に掲載されました。https:/doi.org/10.1016/j.progpolymsci.2022.101506.
▼ クリックで過去の情報を展開
 

back to top